東京大学大学院工学系研究科 石川研究室メンバー紹介

メンバー紹介

石川 顕一 | 東京大学工学系研究科 教授

石川 顕一 | 東京大学工学系研究科 教授の画像

東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻および光量子科学研究センター、工学部システム創成学科の教授を兼務している石川 顕一です。
最先端のレーザーや量子ビームが物質・生体中に引き起こす効果とその応用を、理論・シミュレーションを使って研究しています。分野や専門の壁、理論と実験の垣根を超えて、ハイレベルな研究を行うみなさんをいつでも歓迎しています。

佐藤 健 | 東京大学工学系研究科 准教授

佐藤 健 | 東京大学工学系研究科 准教授の画像

研究テーマは『アト秒科学、高強度場科学、時間依存多電子理論の開発』と『量子化学、大規模電子状態理論、新しい密度汎関数理論の開発』です。
私達の研究室では、光と物質の相互作用を量子力学の基本原理に基づく理論的アプローチで追求しています。自身の腕ひとつで、紙と鉛筆と多少のコンピュータスキルを用いて、世界をあっと言わせる新しい物理を開拓できる研究室です。

篠原 康 | 東京大学工学系研究科 特任研究員

篠原 康 | 東京大学工学系研究科 特任研究員の画像

東京大学工学部大学院 光量子科学研究センター特任研究員に赴任した篠原康です。最先端のコヒーレント光を駆使したレーザー加工といった、レーザー電場に駆動される非線形電子ダイナミクスが関わる現象のメカニズムをシミュレーションから明らかにしたり、そのシミュレーション手法を開発したりしています。

ヒマドリ・パサック | 東京大学工学系研究科 特任研究員

ヒマドリ・パサック | 東京大学工学系研究科 特任研究員の画像

インドのサンバルプル大学で物理化学修士号、Academy of Scientific and Innovatie Researchで化学博士号を取得後、2016年8月にインドの学術都市、プネーにある国立化学研究所(NCL)から赴任しました。電子状態第一原理計算を専門としています。

アミン・チョグハディ | 東京大学工学系研究科 博士課程

アミン・チョグハディ | 東京大学工学系研究科 博士課程の画像

イランでエンジニアリングの学士号を取得後、東京大学大学院のバイオエンジニアリング専攻で留学中のアミン・チョガディです。

安崎 遼路 | 東京大学工学系研究科 博士課程

安崎 遼路 | 東京大学工学系研究科 博士課程の画像

研究テーマは『高強度レーザー場中の分子における電子・核ダイナミクス計算手法開発』です。私にとって全く未知の分野であり、石川研究室のメンバーになることは大きな決断でしたが、今では理論物理だけでなく化学、実験物理など様々なバックグラウンドを持つメンバーと共に研究できる事に心から満足しています。また、この研究室で扱う野心的なテーマには大きな関心を抱いています。

イマム ワーユタマ | 東京大学工学系研究科 博士課程

イマム ワーユタマ | 東京大学工学系研究科 博士課程の画像

原子、分子などの量子レベルでの超高速動力学の理論モデル構築とシミュレーションが私達の研究室の専門分野の一つです。数学やプログラミングマニアで量子力学計算と波動関数を愛してやまない方は、ぜひ私達にご連絡ください。実験系のチームとの共同研究も行っているので、実験系の方も歓迎です。

織茂 悠貴 | 東京大学工学系研究科 博士課程

織茂 悠貴 | 東京大学工学系研究科 博士課程の画像

東工大で工学学士を取得した後、卒論のテーマとは全く異なる研究を行っている石川研究室に進みました。もちろん勉強しなければいけないことは多くなりますが、すばらしい先生方や先輩にフォローをしてもらうことができるため、非常に楽しんで研究をすることが出来ています。もし石川研に興味があるが、卒論では全く違うことをやっているという方がいれば、チャレンジしてみてください。

寺村 拓磨 | 東京大学工学系研究科 修士課程

寺村 拓磨 | 東京大学工学系研究科 修士課程の画像

私はアト秒スケールという想像もつかない未知の領域に興味を持ってこの研究室を選びました。勉強の必要を日々痛感していますが、同時に少しずつ新たなことを覚えていくことに楽しみも感じています。刺激的なテーマに挑戦したいという方にとってこの研究室は魅力的な環境だと思います。

トゥグス オユカ | 東京大学工学系研究科 修士課程

トゥグス オユカ | 東京大学工学系研究科 修士課程の画像

私は、学部は国内の他大学で学びましたが、原子力国際専攻に入学してすぐにとけこむことができました。私は極めて短い時間の電子の挙動に興味があったため最先端のレーザーと原子·分子との相互作用をシミュレーションで研究する石川·佐藤研究室のメンバーになりました。学部時代の研究テーマとは異なり勉強しなければならないことが多いですが、楽しくやっています。