東京大学大学院生募集(工学部/物理系)

大学院生募集

東京大学大学院 石川研究室への進学

東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻 石川・佐藤研究室では、最先端のレーザーやがん治療用重粒子線と、原子・分子・物質・生体との相互作用を、理論・シミュレーションを使って研究しています。特に、高強度フェムト秒レーザーやアト秒レーザーパルスに照射された原子・分子・固体の量子力学的第一原理シミュレーションで、世界でも有数の研究成果をあげています。石川・佐藤研究室は、東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻で大学院生を受け入れています。

学生のみなさんが研究室で取り組むのは、大きく分けて以下のいずれかです(2つ以上の場合もあります)。

  • 新しい第一原理計算手法を開発する(紙と鉛筆が中心)
  • 数値シミュレーションプログラムを開発したり並列化したりする(プログラミングが中心)
  • 数値シミュレーションを実行して実験結果を説明したり、新しい現象を予言したりする(シミュレーションの実行と結果の解析が中心)

卒論や修論では実験研究をやっているとか、あるいはレーザーや原子力の予備知識がないとかでも問題ありません。研究室のテーマに興味を持ち、自主的に研究を進める熱意をもったメンバーを歓迎します。物理(原子・分子、固体物理、量子力学)、数学、プログラミングが得意であればなおさらよいですが、必須ではありません。

理論と実験のどちらを研究するか迷っている人も歓迎です。途中から実験をしたくなったら、理化学研究所アト秒科学研究チームなどトップレベルの共同研究先で実験に取り組めます。実際に、実験研究をしている大学院生もいます。

研究分野のキーワード

  • フェムト秒レーザー、アト秒レーザー、アト秒科学
  • 高強度物理、強光子場科学、高次高調波発生、トンネルイオン化
  • 量子力学、量子化学、第一原理シミュレーション
  • ガンの重粒子線治療、ゲル線量計

詳しい研究内容は、『石川研究室の研究テーマ』 / 論文や講義資料は、『石川研究室活動報告』をご覧下さい。

研究室メンバーの声

博士課程卒業(PhD)、現日本電気株式会社(NEC)IoTデバイス研究所:澤田 亮人

sawada msg

研究テーマ:高強度レーザーパルス下における分子の計算解析

<メッセージ>

計算物理は見た目以上に自由度が高く、さまざまなチャレンジが出来る学問です。皆さんの発想力で、高強度場物理の世界に一石投じてみませんか?

 

大学院生募集要項

entrance_exam

東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻では修士、博士課程ともに4月入学または9月入学が可能です。

大学院生の入学試験は、毎年8月下旬です。
石川・佐藤研究室に進学するためには、東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻を受験して下さい(平成30年度入試案内はこちら)。

試験科目(予定)

1.筆記試験
(1)一般教養科目(英語)
(2)専門科目(論理的思考能力を見るための数理的問題及び小論文
2.口述試験(口頭試問)

H30 (2018) 年度入試説明会(5/16、6/3)

【第1回】
日時:平成29(2017)年5月16日(火) 17:00~
場所:

(1) 東京大学工学部3号館 2階 31講義室
カリキュラムや入試等についての全体説明を17:00からおこないます。
(2) 東京大学工学部2号館 展示室
研究室内容展示会 17:30~19:30

【第2回】
日時:平成29(2017)年6月3日(土) 15:00~
場所:
(1) 東京大学工学部3号館2階 31講義室
カリキュラムや入試等についての全体説明を15:00からおこないます。

(2) 東京大学工学部2号館 展示室
研究室内容展示会 15:30~17:30

お問い合わせは、問い合わせフォームをご利用下さい。