日本学術振興会が石川顕一教授に科研費助成事業審査委員の表彰を授与

日本学術振興会が石川顕一教授に科研費助成事業審査委員の表彰を授与

平成30年3月14日に石川顕一教授が日本学術振興会より
平成29年度科研費助成事業審査委員の表彰状を授与されました。

DYTThA1VQAAKa8m

審査委員の表彰とは
日本学術振興会では、学術研究の振興を目的とした科研費の業務を行っており、適正・公平な配分審査に努め、配分審査は、専門的見地から第1段審査(書面審査)と第2段審査(合議審査)の2段階で行うことにより、審査の質を高めています。
審査終了後、学術システム研究センターによる審査の検証を行い、その結果を翌年度の審査委員の選考に適切に反映しております。
さらに、検証結果に基づき、第2段審査(合議審査)に有意義な審査意見を付していただいた第1段審査(書面審査)委員を選考し表彰しております。
平成29年度は約5,300名の第1段審査(書面審査)委員の中から255名を選考しました。なお、第2段審査(合議審査)に有意義な審査意見は、次年度の第1段審査(書面審査)の手引きに反映し、第1段審査(書面審査)委員が審査を行う際に活用できるようにしております。
研究者として競争的資金の審査に関わることが、各研究機関内においても積極的に評価されるようになることは、ピアレビューの質を高め、我が国の研究費制度全体を向上させることにつながるものと考え、審査委員の表彰を行っております。