織茂 悠貴 | 東京大学工学系研究科 博士課程

[博士課程]織茂 悠貴

博士課程2年IMG_0123
東京大学大学院工学系研究科 原子力国際専攻

連絡先
E-Mail:ykormhk●atto.t.u-tokyo.ac.jp
●を@に変換してください。

 

博士課程での研究テーマ

高強度・超高速レーザーパルスによる分子ダイナミクス制御へ向けた第一原理シミュレーションの開発(予定)

経歴

学歴

  1. 平成27年3月  東京工業大学工学部国際開発工学科 工学学士
  2. 平成29年3月  東京大学 工学系研究科原子力国際専攻 修士課程修了
  3. 平成29年4月〜 東京大学 工学系研究科原子力国際専攻 博士課程在学中

原著論文

  1. Yuki Orimo, Takeshi Sato, Armin Scrinzi, and Kenichi L. Ishikawa, Implementation of the infinite-range exterior complex scaling to the time-dependent complete-active-space self-consistent-field method, Phys.Rev. A 97, 023423-1~9 (Feb.2018). (DOI:10.1103/PhysRevA.97.023423)
  2. Takeshi Sato, Himadri Pathak, Yuki Orimo, Kenichi L. Ishikawa, Communication: Time-dependent optimized coupled-cluster method for multielectron dynamics, The Journal of Chemical Physics, 148, 051101-1~8(2018).(DOI: 10.1063/1.5020633)

学会発表

国際会議

<2018年>

Yuki Orimo “Ab initio simulations of photoelectron energy spectra from multielectron systems subject to intense laser field”, International Conference on Many Particle Spectroscopy of Atoms, Molecules, Clusters and Surfaces(MPS-2018), Danubius Hotel Flamenco, Budapest, Hungary, 2018年8月23日(Oral)

<2017年>

Yuki Orimo, Takeshi Sato, Kenichi L. Ishikawa “Highly Efficient Ab Initio Simulations of Multielectron dynamics in Intense Laser Fields: Application to High Harmonics Generation and Photoelectron Energy Spectra”, 2nd International Symposium on Attosecond Science, Suzuki Umetaro Hall, Riken, Saitama, Japan, 2017年8月(Poster)

Yuki Orimo, Takeshi Sato, Kenichi L. Ishikawa “Ab Initio Simulations of Multielectron Dynamics in Intense Laser Fields with Infinite-Range Exterior Complex Scaling”, International Conference on Photonic Electronic and Atomic Collisions (ICPEAC), Queensland, Australia, 2017年7月(Oral)

<2016年>

Yuki Orimo, Takeshi Sato, Kenichi L. Ishikawa “Ab Initio Simulations of Multielectron Dynamics in Intense Laser Fields with Infinite-Range Exterior Complex Scaling”, The 8th Asian Workshop on Generation and Application of Coherent XUV and X-ray Radiation (8th AWCXR), Hsinchu, Taiwan, 2017年3月(Poster)

Yuki Orimo, Takeshi Sato, Kenichi L. Ishikawa “Ab Initio Simulations of Multielectron Dynamics in Intense Laser Fields with Infinite-Range Exterior Complex Scaling”, Frontiers in Theoretical and Applied Physics UAE2017 (FTAPS2017), Dubai, UAE, 2017年2月(Poster)

国内会議・シンポジウム

<2017年>

織茂悠貴、佐藤健、石川顕一「光電子エネルギースペクトルの第一原理計算」、第78回応用物理学会秋季学術講演会、福岡サンパレス、福岡、2017年9月(Oral)

<2016年>

織茂悠貴、佐藤健、石川顕一「外部複素スケーリングを用いた強レーザー場における多電子系第一原理計算の高速化」、第64回応用物理学会秋季学術講演会、新潟、2016年9月(Oral)

織茂悠貴、佐藤健、澤田亮人、石川顕一「外部複素スケーリングを用いたコンパクトな強レーザー場第一原理計算」、第63回応用物理学会春季学術講演会、東京工業大学大岡山キャンパス、東京都、2016/3/19-22 (Oral)

織茂悠貴、佐藤健、澤田亮人、石川顕一「強光子場第一原理シミュレーションへの外部複素スケーリングの実装」、レーザー学会学術講演会第36回年次大会、名城大学天白キャンパス、愛知県名古屋市、2016/1/11 (Oral)

受賞歴

  1.  平成28年 レーザー学会学術講演会第36回年次大会 論文発表奨励賞(2月内定、5月に授賞式)、受賞論文「強光子場第一原理シミュレーションへの外部複素スケーリングの実装」

過去の研究テーマ

修士論文
TD-CASSCF法への無限範囲外部複素スケーリングの実装

学部卒論
直流アーク放電における再点弧可能時間に及ぼすアーク電流と電極間距離の影響(2015年3月)

メッセージ

私は卒論のテーマとは全く異なる研究を行っている石川研究室を選びました。もちろん勉強しなければいけないことは多くなりますが、すばらしい先生方や先輩にフォローをしてもらうことができるため、非常に楽しんで研究をすることが出来ています。もし石川研に興味があるが、卒論では全く違うことをやっているという方がいれば、チャレンジしてみてください。