attosecond

第2回アト秒科学に関する国際シンポジウム開催のご案内

第2回アト秒科学に関する国際シンポジウム

  • 兼 第35回先端光量子科学アライアンスセミナー
  • 兼 第2回超高速光エレクトロニクス研究会

2017年8月26日(土)
理化学研究所 和光キャンパス 鈴木梅太郎記念ホール

  • プログラム

    オープニングセッション
    10:00-10:05             開会挨拶
    .                                  石川 顕一(東京大学)
    10:05-10:10             来賓挨拶
    .                                  小安 重夫(理化学研究所 理事)

    基調講演
    10:10-10:50             Anne L’Huillier (Lund University, Sweden)
    .                                  “Probing Photoionization Dynamics in Atomic Systems with Attosecond Pulses”

    セッション I:光源
    10:50-11:30             François Légaré (INRS-EMT, Canada)
    .                                 “Frequency Domain Nonlinear Optics”
    11:30-12:00             小栗 克弥(NTT物性科学基礎研究所)
    .                                 “Broadband Isolated Attosecond Pulse Generation and Its Application to PHz-wave
    .                                 and Electron Interaction in Solid”

    12:00-12:30             鍋川 康夫(理化学研究所)
    .                                 “Observation and Control of Sub-10 fs Dynamics in Molecules
    .                                  using Intense XUV Attosecond Pulse Trains”

    ポスターセッション(昼食)(12:30-14:00)
    (超高速光エレクトロニクス研究会委員の方は昼休みに委員会を開催する予定です)
                              •      プログラム

  • セッションII:理論
    14:00-14:40             Vitali Averbukh (Imperial College London, UK)
    .                                  “Coherence in Attosecond Photoionisation
    .                                 Using B-spline Algebraic Diagrammatic Construction Method”

    14:40-15:10             森下 亨(電気通信大学)
    .                                 “Near-Forward Rescattering Photoelectron Holography in Strong-Field Ionization:
    .                                 Extraction of the Phase of the Scattering Amplitude”

    15:10-15:40             佐藤 健(東京大学)
    .                                 “Time-dependent Ab Initio Wavefunction Methods for Multielectron Dynamics
    .                                 of Atoms and Molecules in Intense Laser Fields”

    コーヒーブレーク (15:40-16:00)セッションIII:応用
    16:00-16:40             Oren Cohen (Technion – Israel Institute of Technology, Israel)
    .                                 “High Harmonics with Tunable Polarization by Dynamical Symmetries”
    16:40-17:10             関川 太郎(北海道大学)
    .                                 “Nonadiabatic Dynamics in Functional Molecules Studied
    .                                 by Time-resolved Photoelectron Spectroscopy”

    17:10-17:40             菱川 明栄(名古屋大学)
    .                                  “Visualizing Molecular Photoabsorption by Ultrafast Laser Tunneling Ionization”
    17:40-17:45             閉会挨拶
    .                                 緑川 克美(理化学研究所 光量子工学研究領域領域長)

    ポスター発表

    本シンポジウムではポスターセッションを開催致します。
    ポスター発表を希望される方は、6月30日(金)までに、次の項目を こちら までお送りください。

    (1) 著者リスト
    (2)  所属
    (3)  講演タイトル
    (4)  連絡先電子メールアドレス
    (5)  連絡先電話番号
    (6)  昼食(要・不要)

    シンポジウム開催日は、所内の食堂および売店は営業しておりません。シンポジウム開催場所から所外のレストランまでは徒歩で20分程度かかることから、希望される方にランチボックス(サンドイッチ, 600円(税込))をご用意させていただきます。事前予約制となります。

    参加申し込み

    シンポジウムの参加費は無料ですが、入構のためには、事前登録が必要となります。また、シンポジウム開催日は、所内の食堂および売店は営業しておりません。シンポジウム開催場所から所外のレストランまでは徒歩で20分程度かかることから、希望される方にランチボックス(サンドイッチ, 600円(税込))をご用意させていただきます。事前予約制となります。シンポジウムに参加を希望される方は、以下の情報を7月30日(月)までに こちら までお送りください。

    (1)  お名前
    (2)  ご所属
    (3)  連絡先電子メールアドレス
    (4)  連絡先電話番号
    (5)  昼食(要・不要)

    アクセス

    理化学研究所和光キャンパスまでの交通アクセス:  地図

    鈴木梅太郎記念ホールまでの案内図:  地図

    主催

    CREST「アト秒反応ダイナミクスコントローラーの創生」チーム
    理化学研究所光量子工学研究領域
    東京大学大学院理学系研究科附属フォトンサイエンス研究機構
    東京大学大学院工学系研究科附属光量子科学研究センター
    北海道大学大学院工学研究院応用物理学部門
    コヒーレントフォトン技術によるイノベーション拠点
    文部科学省先端光量子科学アライアンス
    超高速光エレクトロニクス研究会


    実行委員

    石川 顕一(東京大学)
    鍋川 康夫(理化学研究所)
    関川 太郎(北海道大学)
    沖野 友哉(理化学研究所)

本シンポジウムは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)・戦略的創造研究推進事業の国際強化支援策の支援を受けています。