東京大学大学院工学系研究科  石川研究室

研究室概要

篠原 康 | 東京大学工学系研究科 特任助教

篠原 康 | 東京大学工学系研究科 特任助教の画像

東京大学工学部大学院 光量子科学研究センター特任研究員に赴任した篠原康です。最先端のコヒーレント光を駆使したレーザー加工といった、レーザー電場に駆動される非線形電子ダイナミクスが関わる現象のメカニズムをシミュレーションから明らかにしたり、そのシミュレーション手法を開発したりしています。

東京大学 石川顕一研究室の理念と目標

東京大学 石川顕一研究室の理念と目標の画像

石川・佐藤研究室は東京大学において、最先端のレーザーや量子ビームが物質中に引き起こす効果とその応用を、理論・シミュレーションを使い研究しています。高強度超短レーザーパルスによって原子、分子、固体材料がどのように変化するかを量子力学に基づき第一原理計算することを中心に様々な研究をしているので、ハイレベルな研究をしたい方はぜひお声掛けください

谷 水城 | 東京大学工学系研究科 博士課程

谷 水城  | 東京大学工学系研究科 博士課程の画像

           私は光物理に興味があったので石川・佐藤研究室にやってきました。素晴らしいスタッフや研究室のメンバーに囲まれて楽しく研究生活を送っています。新しいことにチャレンジしたい人、お待ちしています。

東京大学 石川顕一研究室の概要

東京大学 石川顕一研究室の概要の画像

東京大学石川・佐藤研究室は、2002年4月に、当時の東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻中沢正治研究室のサブグループとして、産声を上げました。以来、光・レーザー・量子ビームと物質・生体の相互作用に関する幅広い分野で研究を進め、現在では、高強度レーザー場中の原子・分子・固体、アト秒科学、レーザー加工分野で、世界でも屈指の研究室となっています。

東京大学 石川顕一研究室の研究テーマ

東京大学 石川顕一研究室の研究テーマの画像

石川・佐藤研究室は、高強度のレーザー光と、原子・分子・固体中の電子の相互作用を、理論的に研究しています。現実的な計算時間で正確にシミュレーションする新しい第一原理計算手法の開発に次々と成功し、世界的に注目されています。さらに最近では、データと学理に基づくレーザー加工シミュレーターの開発や量子コンピューター用第一原理計算の研究にも取り組んでいます。

研究の面白さ

研究の面白さの画像

東京大学工学系研究科 原子力国際専攻の「教員紹介」で掲載された内容です。皆さんは、なぜ研究するのでしょうか?
研究のどんなところが面白いと思いますか?

東京大学 石川顕一研究室へのアクセス

東京大学 石川顕一研究室へのアクセスの画像

石川・佐藤研究室は、東京大学本郷キャンパスの工学部8号館にあります。石川・佐藤研究室へお越しの際は、南北線東大前駅、丸の内線本郷三丁目駅、大江戸線本郷三丁目駅、千代田線根津駅、都営三田線春日駅で下車して、徒歩5~15分程かかります。伝統ある東京大学のキャンパスに、ぜひ一度いらして下さい